のれんの役割とその意味

室内を彩るおしゃれなのれん製作のコツ

NOREN

のれんはただの間仕切りの代わりとなる布ではなく、そのデザイン性を
追求することにより、小売店や飲食店であれば大きな集客効果が期待できます。


のれん製作には、専門の業者がいて、各種デザインを取り揃えており、
注文主の様々なニーズに答えていくことが可能です。

ニーズに応える


のれんの選び方ですが、まずは大きくわけて和風のものとするのか、欧米風とするのか、
この選択があるのですが、建物の外観や内装に合せて、和風建物は和風ののれんを選べば
よいのかというと、必ずしもそういうことにはなりません。


建物とのれんを敢えてミスマッチさせることにより、より視覚的・感覚的なイメージの
インパクトを追求することにより、集客効果が期待できることもあり得ます。


のれん専門業者であるYOTSUBAには様々な導入事例がありますから、
建物や内装との関連でどのようなデザインを選択し成功してきたかを見ることができます。


室内を彩るのれんにはデザイン効果と共に、忘れてならないのは冷暖房の効果です。
夏場に窓を開けたときに、通風が良くなるとともに風が強すぎると
部屋がむしろ寒くなってしまったりということはありえます。

寒い


飲食店であれば苦情にもなりかねません。
のれんを設置する効果は、すなわち風の通りを遮断することにより温度を
一定に保ち続けることが可能となることから、飲食店等における苦情を
シャットダウンできる効果も追求することが可能となるのです。


様々な効果が期待できるのれんを、好みの形で導入してみることを検討してみてはいかがでしょうか。