のれんの役割とその意味

古くから愛されている麻のれんの魅力

NOREN

麻のれんは古くから日本で愛されているものです。
ラミーという植物が使われている場合は、生地にコシがあって強度が強いだけではなく、
光沢による美しさを感じることもできます。


キビラ麻と呼ばれるラミーを100パーセント使用した素材の場合は、繊維と繊維の間に
隙間が生じ、向こう側が透ける点が特徴的です。


透け感があることによって、独特の風合いが感じられるでしょう。
このようなのれんは他ののれんと比較しても生地自体の色が美しいという魅力があり、
文字だけを入れる場合でも全体を染める場合でも気品のある仕上がりになります。

麻のれんの風合い


ラミーだけではなくリネンが混紡されているのれんもありますが、この場合は
シャリ感と呼ばれる独特の手触りが感じられず、とても優しい肌触りのものになるでしょう。


主にラミー100パーセントのものと、リネンと混紡したものがありますが、
どちらも日本の伝統的な美しさを感じることができます。


店先などで用いられているイメージが多いかもしれませんが、お店以外でも
自宅の廊下や出窓などに用いて楽しむことも可能です。


様々な場所で日本らしい美しさが感じられるものなので、多くの人から愛され続けていると言えます。

 

染色されたデザイン性の高いものがおしゃれ

 暖簾を選ぶのであれば、染色によっておしゃれにデザインされたものがオススメです。
全体を1色に染め上げたものや刺繍を施しているものもありますが、全体を染めてから
文字やイラスト、模様などを白抜きで入れているものもあります。


また、全体を染めない、もしくは染めた後で他の色を入れることで
文字やイラストを表現しているものも多いです。


せっかく暖簾を利用するのであれば、こういったデザイン性の高いものがおしゃれだと言えます。

のれんのデザイン性


デザインは多種多様であり、季節の花々を表現したものもあれば
風景を表したものもありますし、動物を表現したものもあるでしょう。


独特で面白い模様が浮かび出てくるように染められているものもあり、
様々なデザインを楽しむことができるはずです。


利用したいと考える場所によってデザインを変えることで、その場所の雰囲気を大きく変えることができます。


暖簾には豊富な種類のものがありますし、オーダーメイドサービスを利用すれば
希望するデザインに仕上げてもらえるとを知っておきましょう。


これを利用したいと考えるのであれば、染められておしゃれなデザインになっているものを選ぶことがおすすめだと言えます。