のれんの役割とその意味

のれんの製作技法の種類

NOREN

京都のれんののれんの製作方法は無地をはじめとして染め抜きやシルクスクリーン、
インクジェットプリントや手書きなど様々な種類があります。


無地のものは麻・綿・ポリエステルの3種類の中から定番麻や綿帆布などの
素材や色・サイズを決める方法です。防炎加工を施せるものもあるので、
火を扱う仕事の近くに置く場合にはこちらがおすすめです。
防炎対策

 

古来よりのれん作りによく採用されている伝統的な技法の染め抜きは、裏側からも
ロゴや絵柄が美しくはっきり見ることができるという特徴があります。


耐光性には弱いですが摩擦には強いという特徴をもったタイプです。
シルクスクリーンは無地染め後にロゴマークや文字をプリントする方法となっています。


そのためお店の看板に使いたい場合などにおすすめです。

他の製作技法よりも製作時間はかかりますが、手描きののれんも受注している会社となっています。


他の技法では再現できない、深い表現をお求めの方は手描きを依頼してみてはいかがでしょうか。

オリジナルのれん印刷対応ができる京都のれん

 京都のれんは希望に合った暖簾を作ることができるので、名入れ印刷をしてプレゼントにするのもおすすめです。
専属の絵師が1枚1枚仕上げる手描きののれんにも対応しています。
手描きのれんの対応


暖簾というとお店の看板のように使われるイメージもありますが、部屋の区切りとしても利用できるので
インテリアのひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。


この会社で製作された暖簾は洗濯しても撥水性能を維持できる加工ができるので、汚れにも丈夫な使用となっています。

のれんに使用できる素材も綿に近い質感のエステルキャンバスやコンビニやスーパーの店先で
良く見かけるトロマットなど様々な種類があるので、こだわって自分好みのオリジナルの品を
製作をしたいと考えている方におすすめです。


公式ホームページでは製作事例を見ることが可能となっています。
素材や規格から好みの品を探すことができるほか、カタログを無料請求できますので参考にしてみて下さい。


問い合わせは電話かメールフォームから行えます。